いままで何度も廃案となってきた、あの「共謀罪」法案が

「テロ等準備罪」法案と名前を変えて復活?
本当に、この法律は必要なのか、もう一度考えてみました。


「テロ等準備罪法案」という言葉を聞いたことがありますか?

 

あるいは、「共謀罪法案」という言葉なら、聞いたことがある、という方もいらっしゃるかもしれません。

 

いま、ちょうど国会で話し合おうとされていて、いろいろな議論が出ています。

 

「これがないと、テロを防げない」とか、「オリンピックの開催に影響が出る」と言う人たちもいます。

 

  いっぽうで「これは、テロを防ぐためのものではない」とか、「これができると、日本はものいえない監視社会になる」と言う人たちもいます。

 

どうしてこんなに言うことが違うのでしょう。

 

10年以上前に、今のものと中身がほとんど同じ「共謀罪法案」が国会に3回提出され、激しい論戦の末、3回とも廃案になっています。

 

今、いろいろ言っている人たちは、そのころ議論されたことも踏まえて意見を言っています。だから話がわかりにくくなっています。


そこで、「じゃあ、そもそも共謀罪って?」というところから考えてみました。 

 

・共謀罪って?

・「共謀罪(テロ等準備罪)法案」って?

・「共謀罪法案」と「テロ等準備罪法案」の違い 

・「要件を厳しくした」とかってどういうこと?

 

・これでテロは防げる?防げない?

・オリンピックとの関係は?

・ふつうの人に関係ない?関係ある?

・なにがこわいの?